toggle
国内の学校団体様

国内の学校団体様

高田教室体験学習

何故?豊後高田なのか

テクノロジーの急速な発展にともないライフスタイルや価値観が急速に、そして劇的に変化しています。年号はそれぞれの時代を象徴するものであることを考えると、昭和を冠した豊後高田の「昭和の町」は昭和からの変遷や時代が生み出した価値観を客観的に理解し、未来に生かすことができる稀有な機会を提供しているのではないでしょうか。

株式会社 LbE Japan 代表取締役社長 北浩一郎

教育旅行

豊後高田市グリーンツーリズム推進協議会では、平成18年より農泊による宿泊研修や修学旅行の受け入れを行ってきました。

学年の人数が多い場合には、隣接する国東市や杵築市との協同で受け入れを行っています。

万が一の場合に備えて

・下見や事前協議の際に児童・生徒の「健康調査票」作成を依頼し、アレルギーや持病の情報を事務局と受入家庭で把握することとしています。
・緊急時や夜間の連絡体制マニュアルを配布するとともに、固定電話付近に掲出しています。
・送迎時や移動の際は安全運転に努めるとともに、全ての車両は任意保険への加入を義務づけています。
・安全対策や危機管理は、個々に任せきりでなく協議会事業として組織的にとらえ定期的に講習会を実施しています。

03_domestic_01aed 03_domestic_02seminar

ダウンロード

PDF / 大分県GT東部地区農泊手引書
PDF / 高田教室体験学習